So-net無料ブログ作成
検索選択

飼い犬の忠義 Loyalty of Dog [Pet Story ペット]


このところ、世に蔓延る悪質商法について、行政当局や捜査当局に見解を問いただす作業を繰り返していたので
ブログが滞ってしまった。
不況の世では何処でも悪が蔓延るし、時々投資に関する怪しい電話が自宅にもかかって来る。
未公開株だとか社債とか、外国通貨のイラクディナール投資だとか怪しい話ばかりだ。
こちらが悪質商法に多少詳しいと分かるとガチャンと電話を切る失礼さなんだな。




だが、傲慢で浅ましい連中が闊歩している一方で、このニュースはどうだろう。


After Brazil flooding, loyalty to the dead – This Just In - CNN.com Blogs







忠犬ハチ公というのは米国でもリチャード・ギア主演で映画化されたし、人間の最も古い友達である犬や猫の物語は時に様々なエピソードを作り出してくれる。


このところ、異常気象というか以前が穏やか過ぎた気候だったのかどうか知らないが、
世界各地では天候異変が続いていてブラジルでも集中豪雨で多くの方が犠牲となった。
各地で犠牲者が続出しているのには心を痛めるしかないのだけど、
ブラジルではその後に、現地から世界に配信されたこの写真で涙を誘われそうになった方は少なくないようだ。










 
 









亡くなったクリスティーナさんの飼い犬は写真を見ても飼い主に忠義を尽くすと言うか依存心の強い子なのかな。
表情を見ても飼い主が天に召されて、実に悲しげだし哀れを誘う。
他に家族はいないのだろうか? 余りに切ないな。


インターネットTV・TYTのキャスターも思わず、涙ぐんだりしている。




















でもクリスティーナさんもその姿を見て、泣き叫びたいほど喜んでおられるんじゃあないだろうか。
きっとあの世からこの子を思いっきり抱きしめてあげたいと思っていることだろう。
この子も飼い主の存在を感じているから離れられない、そういうことなんだな。




















それにしても、5ヶ月余りの命で旅立った我が家のララはどうしていることだろう?
ララはこの写真の子とは違って、超楽天家で脳天気な子であったから仮に私がこのようなことになっていても、
こういう忠義心は示さない(笑)。


直後はたまに埋葬地に私を覗きに来ても、周囲を走り回っていることだろう。
顔見知りの犬が来たら一緒にはしゃぎ回って走って行ってしまうだろう。




まあ超脳天気でいいんだよ。
ゼーゼーハーハー言って、それが幸せなんだから思いっきり走ってくればいい。
時々思い出して来てくれればいい・・。


まあ現実は逆なんだけどさ。





それにしても、写真の子はその後どうしたんだろうか?
写真は先月の話なんだけど、後日談が気になるな。












nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 9

コメント 4

RO

ども。電話に関しましては家にも未だにありますが
今はもう慣れましていかにこちらが早く切るかに
命をかけております(苦笑)

ブラジルの忠犬は知りませんでした。
その後が気になりますね...

ギアは嫌いですがこの映画のラストシーンは
ちょっと感動しました。。。元の邦画のラストは
覚えてませんが外国製にしては良く出来たと思います。

そして愛犬を亡くされた件の記事拝見しました。
なんとコメント差し上げればよいのか...
私も犬を飼っておりましたし...ただ今言える事は
私ももっともっと散歩とかしてやれば良かったと
夢にも見ますが、それ以上に最近他界した家の親父(
非常に仲が悪かったのですが)に、もっとあちこち
行かせてやれば良かった等もの凄く後悔しております。
by RO (2011-02-11 05:58) 

久

こんにちは、なにか東京新聞でもイラクなんちゃらとかスーダンなんちゃらの紙くず投資詐欺が騒がれだしました。どうなるんでしょうか?

ところで、ブラジルの忠犬くんのその後は気になります。家の老犬は、まだ頑張っています。17歳になりましたよ。
by (2011-02-11 17:15) 

daikokuya

ROさん

コメントありがとうございます。
後悔先に立たずと言いますが、人生それの繰り返しですね。
私も同様です。
あの時こうしておけば良かったと思うのは生き物の定めなんでしょう。
ですが、悔いはいつまでも残ります。
それを活かすよう生きていきたいものですね。

by daikokuya (2011-02-15 16:38) 

daikokuya

久さん こんにちは。

そうですか、東京新聞ですか。残念ながらどういう内容なんでしょうね。こちらでは読めないのです。気になりますが。
子犬のその後もですね。
17歳というのは余程、飼い主に恵まれたからなんでしょう。
大事にしてあげてください。



by daikokuya (2011-02-15 16:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。