So-net無料ブログ作成

俯瞰する地球 Looking down to the Earth [World Situation 国際情勢]

  


ウラジオストク税関が関わった?ミュージックビデオがYouTubeに投稿されて問題になっているそうだ。
まあ職場の新年パーティ用に作ったと記事にあるが、誰かがアップしたのがいけなかったんだろう。
確かにプロ顔負けのビデオに仕上がっている。


それにしても、モデルの女性も使っているだろうか?それとも税関職員だけだろうか?
女性税関職員だけかと思うと言うのも訳がある。
ロシアには4回ほど、それも東から西、南から北まで時にかなり長い旅もしてきたので、そこに美女が多いことを知っている。
日本のTV番組「鶴瓶の家族に乾杯」のウラジオストク篇で日本人留学生が言っていたけれど
「ここには美女と超美女しかいない」と断言していた。それはほんとうだ。ただし、中高年女性の一部は除く(笑)。
ビデオを拝見したけれど、やっぱり女性は皆美しい。



















ウラジオストクには3回ほど観光に行ったことがあるんだけど、やっぱり若い女性は皆美しい。
初めて行く日本人は日本と目と鼻の先の極東にスラブ白人が住んでいることにある種、感慨の思いも感じるかも知れない。



ところで極東ロシアということで言えば、北方四島が国際問題になっている。
ロシアからすればクリル諸島Кури́льские острова問題ということだ。
それにしても、人類というのは他の生物と同様で縄張り争いを死ぬまで滅びるまで続けるだろうか?
極東の島国と大陸を行き来する者からすると何とも残念な現実だ。
先ほど日露外相会談が行われたかと思うが、日本とロシアの間の国境問題は緊張深刻化するばかりだ。
いや、日本からすれば朝鮮半島や中国、台湾との間でも同様であるし、世界中で同様のことが当たり前のように起きている。




思うに人類というのは、おそらく地球史上に現れた最強の強毒生物なので、これ以上の増殖を止めて、早く人口減少段階に入った方が良い。
私が子どもの頃は世界人口は30億人ほどだったのに、今では70億人?
これ以上、地球を破壊して人類だけが繁栄して、他生物を根絶やしにし続けて絶滅させて、人類の数だけが増えていくことに何の意味があるのだろうか?
人口を減少させて領土紛争など起きないほどに世界の人口密度を減らせば良い。そうしなければ地球の負荷は増すばかりだ。










" Azure Earth " by Seiko Matsuda
「瑠璃色の地球」松田聖子










私は航空機に乗って海を越え国境を越える度にいつも思うのだが、国境紛争でいがみ合っている国々が何と多いことだろうか。
鳥瞰の目で見てもそう思うし、陸路で国境を越える時も虫の目でそれを感じる時も同様だ。



まだ見たことがないし死ぬまでその願いは叶わないけれど、宇宙から地球を俯瞰する時、その思いは一層募ることになるんだろう。国境紛争の地域は宇宙から見れば、実に僅かな地域に過ぎない。
お互いに限られた人生なのに、他の生物同様で縄張り争いを滅びるまで止めることが出来ない。




きっと人類は地球環境が崩壊して住めなくなった時に一時的にも宇宙に脱出した時に初めて分かるのだろう。
人類の営みがすべて崩れて追いつめられて、領土など全人類がリセットして地球と他の生物と調和していくことを心に誓う時に、初めて歴史の積み重ねその英知を活かせなかった自分たちの愚かさに気がつくんだろうと思う。




国際政治の舞台を横から垣間見てきた者からするとそう思わざるを得ないのだけれど、地球にいる現代人は今そういう決断は出来ない。残念なことだ。









nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。