So-net無料ブログ作成
検索選択

無法地帯のリビア Lawless Zone in Libya [World Situation 国際情勢]






いよいよ、リビアは週末から来週にかけて最終局面を迎えるであろうか?緊迫感が高まる一方で秩序もまた無法地帯のような惨状になっているようだ。
カダフィ政権によるものなのか?虐殺死体の映像も次々と送られてくる。それは恐らくはリビア国営テレビニュースでは見ることができないものだ。






Caution! Brutal Scene here. 注意:残虐な場面あり

 






これらの映像は反政府運動を支援している謎の国際組織アノニマス Anonymous 関連サイトにアップされているものなので、政府関係による虐殺だとしてカダフィを糾弾しているものだ。






Caution! Brutal Scene here. 注意:残虐な場面あり







リビアの場合はチュニジアやエジプトとは違い、武器と武器による軍事対決による最終決着になる様相だから、治安状態は崩壊していて各地で無政府状態になってきているようだ。



エジプトですら、ムバラクが辞任を表明して反政府運動が勝利したその夜に米国CBSの看板美人リポーター
ララ・ローガン女史が政権打倒で狂乱しているカイロ市内の広場で長時間に渡り残虐な性的集団暴行を受けたのは記憶に新しい。




ムバラク政権から引き続き軍部が治安維持をしていた状況下であり、エジプトですらそんな状況なので、治安崩壊しているリビアは推して知るべしであろう。











別のYoutubeではローガン女史の後を継いだCBSのリポーターはこれまた金髪の女性であった。
ABCもCNNも何処も中東や戦場経験の豊富な女性リポーターを送っている。
ちょっと日本では考えられないな。日本メディアはこんな状況では中東の動乱に女性スタッフを派遣出来ないだろう。
エジプトでも現地の男たちは異常な高揚感に包まれているから反応も常軌ではないし、当面は一触即発の情況で一歩間違えれば、危険極まりかねない様相だ。
そういう意味ではリビアに入るのは異常な世界に入っていくことになる。






これは首都トリポリの最新映像のようだ。カダフィ政権のお膝元でもこのような状況だ。時間の問題だろうか。







まあ、今リビアへ入る海外メディアはアルカイダへの同じ扱いをするとカダフィが脅しているから
トリポリに突入するのは余程でなければ出来ない。
当面は国営放送と?YouTubeで現地の様子を見るしかなさそうだ。


それにしてもニュージーランドに目を奪われているけど、邦人保護の観点で言えば、リビアの情勢は逼迫している。日本の対応は大丈夫なのだろうか?









nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。