So-net無料ブログ作成
検索選択

100,000年後の安全 Into Eternity [Environment 環境]




福島第一原子力発電所の危急事態が継続している。無事に終息するのか現時点では誰にも分からない。
一つ言えることは世界唯一の被爆国であった日本が何と人類史上最大級の原子力災害危機に陥っているということだ。
大地震、大津波で世界から同情を集めた日本だけれど、この事態を何と言ったらいいだろうか?
唯一の被爆国が現状で世界最大の放射能汚染大国に成り下がってしまっている。
一歩間違えれば、チェルノブイリを上回る危険さえ継続したままだ。


こういう時に東京では放射性廃棄物の最終処分場を描いたドキュメンタリーが上映されて注目を集めているらしい。

何とまあ、もし終息したとしても廃炉に10年かかるというのだが、そんなことより放射性廃棄物の安定化に10万年かかると言うのだけれど、一体誰が10万年の管理責任を取れると言うのだろうか???


















 








フィンランドは何度も行ったことがあるし、北極圏をヒッチハイクでトレーラーに乗せてもらい長距離を走った事もある。
運転手はノルウェー人だったけど、日本の人口を問うてきて「そんなにいるのか?信じられないよ」と反応してみせた。
そんな北欧でも、原発はあるし、放射性廃棄物をフィンランドでは地下500mで処分を進めているということをこのドキュメンタリーで初めて知った。


地方在住の者には東京まで出かけて行って観るのは簡単ではないのだけど、YouTubeでこの映画をアップしてくれていた。
CCのクリック英語でも日本語でもスペイン語でもロシア語でも翻訳キャプションを出せるのでご覧になる方は
それを使うと便利だし内容を理解出来るだろう。










  
 
















 









フィンランドは人の数より湖の数の方が多いと言われるほど、自然豊かな国だが、そんな人口密度の低い所でも
地下で放射性廃棄物を処分するというプロジェクトを進めていたのだ。
フィンランドに地殻変動があるかどうかは知らないが、放射性廃棄物が安定安全になるまで10万年が必要?とされるそうだ。
そんな人類が生き残っているかどうかさえ分からない未来にまで現代の構造物が残っているとは考え難い。
ドキュメンタリーは原子力の問題を抱えながら人類が安全に暮らし、この先も生きて行けるかどうかを問いかけている。

































現代人が必要とするエネルギーとして原子力を使い続ける限り、死の灰は大量に生み出されて行く。
20世紀、21世紀に生きている私たちは未来に責任を果たしていると言えるだろうか?
他の生物を次から次へと絶滅に追いやり、人類だけが繁栄してそれでいいのだろうか?
そして、地球の支配者たる人類は自らの未来を脅かす恐るべき多数多種類の毒を出し続けている。
放射性廃棄物は核爆弾と共に自らの未来を毀損する自縛行為だ。



このドキュメンタリーは現代人に哲学的な命題を投げかけている。
原子力エネルギーに頼る現代人。その子孫に脅威を与え、負の遺産を大量生産し続けていることが分かっていながら、それを止めることが出来ない。




















日本でも岐阜県瑞浪市に超深地層研究所なる実験施設が稼働している。






これは原子力研究開発機構が建設して1000mもの深い穴を掘ってフィンランドに先を越された形ではあるが
同様に放射性廃棄物を数万年から10万年という長きに渡って安全管理しようというものだ。
ガラス固化等の技術を使えば数百年の単位で廃棄再利用が可能ということだそうだが、そんな未来の子孫に恐るべき負の遺産を引き継がせる権利が現代人にはあるというのだろうか?
私にはそれは狂気の世界にしか思えない。



日本人は広島、長崎で使われた核爆弾の恐ろしさを世界に訴えて来たが、福島で今や未曾有の天災が引き金になったとは言え、人災つまり自らの落ち度により放射能汚染で世界に脅威を与え続けている。
世界で増殖し続ける人類は20世紀前半の人口つまり、半減させれば原子力エネルギーなど必要なくなる。


私たちは私たちが未来に生存すること、それをどう考えるべきか一つの分岐点に立っているのではないだろうか?
もう既に日本人はそういう分岐点に立っていると考えたいし、仮にも原子炉爆裂などの事態が起きて更なる悲劇となれば、私たちの文明とは何なのか?根本を問われることになるだろう。


今、TVで福島の被災者の方が「原子力などなくても、私たち家族が生きていければそれで良いのだ」と語っておられた。そのとおりだと思う。









nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。