So-net無料ブログ作成
検索選択

哀悼 キャンディーズ逝く [Dreaming 夢で逢えたら]




女優の田中好子さんが亡くなった。








学生時代、東京赤坂のTBSでアルバイトをしていたことがあった。
ラジオ局ラジオニュース部。毎週土曜日は遅番勤務。午後から入り午後9時半には勤務終了。
ちょうどその時間に人気番組で公開生放送の「ヤングタウンTOKYO」が始まるのである。


当時はラジオの全盛期でTBSホールはファンが詰めかけて大変な熱気に包まれていた。
そんな所へ担当でもないのにスタッフのいるSub Studio(副調整室)やキャストのいる楽屋に紛れ込んで雰囲気を楽しんだりしたのであった。


それは正しくキャンディーズの全盛期でもあり、デビューしてキャピキャピのアンルイスなんかもいたりで
それはもう華やかで賑やかな大部屋の楽屋であった。
ニュース担当のアルバイトで関係者でもない私なのに、当時のアン・ルイスはとても賑やかな女の子
楽屋中に響くような大きな声で「おっはよう!ございま〜〜〜す!」と挨拶してくれるのであった。




それにしても舞台へ出る間際の薄暗がりで見るキャンディーズにはオーラがあって、私は彼女達の雰囲気に呑まれていたものだ。
お気に入りだったスーちゃんは瞳がキラキラ輝いていて、それこそ眼をクラクラさせながら見つめていたものだ。


当時の公開生放送は残念なことにラジオであるから映像はおそらく残っていないのだろう。
この映像はフジテレビの「夜のヒットスタジオ」 解散直前?33年前かな?
鮮明な映像をありがとう。









「微笑がえし」1978









海外の知人の為に説明させて頂くが、田中好子さん、スーちゃんは右サイドの女性だ。
最も健康そうな彼女が先に逝ってしまうなんて・・。





その後のある日、TBS局舎内から次の仕事へ急いで向かおうとするキャンディーズを見つけた。
その頃はそろそろ就職活動バイトも終えねばならない頃だった。
サインをもらうならこれが最後のチャンスと思い、追いかけてサインのおねだりをした。
色紙は特大サイズであった。


「すいません!サインを御願い出来ませんか?」


彼女達は顔を見合わせていた。男性のマネージャーは「駄目!駄目!時間ないから!」
時間がなくとても急いでいるようであった。

だが、3人は私の顔を覗き込んで特大サイズの色紙を見つめた末にマネージャーに
「お願い、ちょっとだけ」と頼み込んで、3人で書き込んでくれたのであった。


凄く丁寧に書き込んでくれた。
頼んでもいないのに「名前を教えてください」と問いかけてくれて、私の名前まで書き込んでくれた。
キャンディーズを生で見たのはそれが最後であった。
翌々年には彼女達は解散してしまったから。






トップアイドルが垣間見せてくれた優しさ、その時の雰囲気を今も忘れない。
文字通り同世代のアイドルだった。


実を言うとその後に仕事上で芸能人とは多々インタビューなどでお会いしたことはある。
しかし、その後に女優となった田中好子さんとお会い出来るチャンスはなかった。
一度でいいからキャンディーズの再結成を見てみたかったな。


その後に彼女は女優として見事に開花した。
乳がんで両乳房切除という悲惨さは微塵も見せなかった。
「ちゅらさん」の頃よりずっと前から既にガンと闘っていた人生だったのだね。






今月8日の誕生日、その板に彼女の最期の?一言が残っている。




いずれ私もこの世と別れを告げるから、向こうでもしお会い出来たら学生時代のようにもう一度サインをお願いしよう。昔と同じくキラキラと輝く瞳なんだろうな、きっと。










ご冥福を御祈り致します。合掌。






nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 1

つなみ

ご無沙汰いたしました。
お元気でしょうか。
またお伺いいたします^^
by つなみ (2011-10-01 11:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。