So-net無料ブログ作成
検索選択
Social Problem 社会問題 ブログトップ

世界同時ネット裁判 Internet Trial [Social Problem 社会問題]




英国で猫をゴミ箱に捨てた女性が糾弾されている。
その場面がYoutube で公開されて先月から世界中で話題になっていたが、その女性が突き止められて起訴となったそうだ。


生きた猫をゴミ箱に捨てるなんて尋常ではない。許される話ではないだろう。起訴によって禁固刑等の重い刑罰を受ける可能性もある。



まあ当然かなとも思うが、日本ではペットでさえ時には器物扱いなので、こういう重い罪には問われない。
生き物を器物扱いする日本はどうかなとも思ったりもする。日本で器物損壊は懲役3年以下、動物愛護法では1年以下の刑罰しかないしな。
何と日本では動物を殺すより物を壊す方が!罪が重かったりするのだ。そういう日本人がこの問題でとやかく言う資格があるのかないのか。


しかし、猫をゴミ箱に捨てる行為も酷いが、場合によってはそれよりも怖いと思ったのはネット社会の反応だ。
ネットで映像がアップされた段階から、それは世界で暴走を始める。Facebookでは立ち所に多数のページが形成されたよ。








 







起訴された英国在住の彼女、45歳の銀行員メアリー・ベール Mary Bale 被告なのだけど、
Facebookを見ると、現在彼女の名が出て来るページだけで72もあるし、グループも多数形成されている。


参加者が多いページでは2万人以上というところもあるし、同姓同名の女性など堪ったものじゃあない。
彼女の写真を使ってMary Baleを名乗る偽物も多数で言いたい放題。
数えきれないほどのバッシング、彼女個人に対する憎悪のキャンペーンだ。



AFPも伝えているが、ヘイトキャンペーンが繰り広げられていて、確かに彼女に死刑宣告している者までいる。
何とネット社会では世界中で彼女の映像、情報が瞬く間に広がって、裁判より先に酷い社会的制裁が先行している。



これは場合によっては現実の司法刑罰より、この世界的社会的制裁の方が遥かに大きいのかも知れない。

私が彼女の立場であれば、世界中に広がった目に見えないバッシング、こちらの方が恐ろしいと感じるだろう。
何と言うか、ネットでエスカレートするその様が何だか魔女狩りにも見えたりで恐ろしい。



ネットで一歩間違えるととんでもないことになる。
ペット虐待そのものより、ネット社会の怖さをこの事件が教えてくれている様にも感じるな。











自転車泥棒 LADRI DI BICICLETTE [Social Problem 社会問題]





自転車泥棒に自転車がプレゼントされたそうだ。AFPが中国時報の記事を伝えている。



因みに中国時報と聞いて大陸の中国と考えると間違いで、これは台北にある新聞社だ。
台湾では国民党が一党独裁であった戦後も中国を名乗り続けていたから、国民党系ももちろんだが、外省人系の企業で冠に中国を名乗る企業は多かった。


民進党が政権を握って、名前を中国から台湾に切り替える政策を取ったので、中国の文字は多少は減っただろうが、中国の二文字は台湾では今でも多い。




AFPの記事は首都である台北市の写真をイメージで使っている。
嘉義市というのは台湾南部の地方都市だ。田舎なのでAFPには嘉義の資料写真がなかったのだろう。

嘉義というのは戦前生まれの方なら記憶のある地名かも知れない。戦前には、
嘉義農林高校が台湾代表で甲子園の高校野球大会にに出場して準優勝し世間をあっと言わせたこともあるのだね。




さて、自転車泥棒ということだが、何せ田舎の事件だ。
取り調べた警官たちが容疑者の余りの極貧ぶりに金を出し合ったんだそうだ。台湾の田舎にはまだまだ下町の人情があるんだな。
そんな人情話が国際ニュースになる時代。
日本では、それも特に都会では下町人情は絶無に近い状況になりつつあるし、田舎もどうだろうか?





私は台北市内に駐在していた時に、自転車を所有していた。
自動車も業務兼用でリース契約で所有していたが、自宅近くはとても大きな学生街で徘徊するには自転車が便利だったからだ。


その自転車で、食堂に行くと歩道上にいつも自転車をおくのだが、
余りに頑丈なロックをするのが面倒で時々店員のお姐さんに「鍵はかけたか?」とよく忠告されたことがあった。
「盗まれるわよ」って。


だから、ロックはするようにしていたのだが、その日は自宅マンションすぐ側のスパゲッティ屋で私は常連客でもあったし、
慣れがあったからだろうが、店の前にそのまま自転車を停めたのだった。
慣れというのは恐ろしいもので、ロックをしていないし、座った席ガラス窓を背にする位置だったので
気にするべきであったが、店を出る時には見事に消えていた。


お気に入りのマウンテンバイクであったが、警察に届ける気にもならなかった。
防犯登録をしていなかったし、台北市の一大学生街であって朝から晩まで人で賑わう街。
見つかるはずもないだろうと即断して、お店のママさんにも何も告げず諦めて帰宅したのであった。









" The Bicycle Thief " 1948






「自転車泥棒」観たことがないので語る資格がないのだけど、イタリアン・ネオリアリズムの代表作、
名匠ヴィットリオ・デ・シーカの「自転車泥棒」を思い出した。

ラストシーンのそれを観ると、戦後の混乱期とは言え、下町人情がその背景に窺えるようでもある。




世界的傾向なんだろうけど、拝金主義が横行し、貧富の差が拡大する世界で地域社会での人々の結びつきは希薄になっていきつつあるだろうか。


振り返って自分を顧みると、近所付き合いが煩わしい自分がいる。
一戸建ての古い建物で、空き家になっているのか、以前からの人が今でも住んでいるのか、分からなかったりしている。



日本人社会は下町人情どころか、人々が生きているのか死んでいるのかさえも分からない社会になりつつある。


最近はそれを無縁社会と言うらしい。


こんなことでいいのだろうかね・・。










愛護と虐待の世界 [Social Problem 社会問題]

 

中国で飼い猫300匹が食用にされる寸前、動物愛護活動家に保護されたそうだ。

しかし、保護されたはいいが、盗まれた猫を売り飛ばそうとしていた取引業者は拘束されたものの、

まもなく釈放となったという。

 

 

食べられる寸前!飼いネコ300匹を保護 上海 写真3枚 国際ニュース : AFPBB News

 

 

中国の警察幹部は「中国にはネコを食べてはいけないという法律はない。ネコは保護対象の動物ではない。」と語ったという。

なるほど、およそ動く物は何でも食べてしまう?という中国人ならではの話だろうか。

 

 

中国や韓国で犬の肉が滋養強壮に効くなどと言われて食用にされているのは知られた話だと思う。

中国辺りで狗肉とか香肉とか書かれた看板・メニューは犬の肉なのでご注意頂きたい。

 

しかし、ブログでは愛犬家の方がかなりおられるので、こういう状況というのは堪えられない話なのではないだろうか。

 

 

 

実は今週末には我が家にボーダーコリーがやって来ることになっているのだが、そのボーダーを殺処分から救出する人々も日本にはいる。

 

 

BORDER COLLIE RESCUE NETWORK(ボーダーコリーレスキューネットワーク)~愛すべきすべてのボーダーコリーのために~

 

 

 

 

日本では犬、猫というのはペットであり愛護の対象であるが、同じ日本人でも

飼い犬が邪魔になったという理由で平然と放棄する人が後を断たないのであるから、

救出活動もいつまでたってもなくならない。ボランティアで救出をしている方々には頭を下げるしかない。

 

 

 

一方、毛皮養殖に反対を唱えて世界的な行動をとっている人々もいる。

 

 

中国毛皮養殖場の内側  FUR 毛皮はいらない

 

 

 

時々、世界各地では裸の女性たちが毛皮反対を唱えてキャンペーンを行っていたりするが、

それを多くの人たちは傍観し、奇異に感じたりさえしているのではないだろうか。

 

 

 「コートのためにいくつの命を」、スペインで毛皮反対運動 写真11枚 国際ニュース : AFPBB News

 

 

 

 

 

先日、トルコの知人が中国で行われている虐待映像を紹介してくれた。

この映像は世界で知られ始めているということだったし、私はかつて多くの死体を見たこともあるのだが、

この動画は余りにも残酷で今もって個人的トラウマになってしまっている。

 

何がかと言うと、中国人と思しき業者たちは毛皮の対象となる動物を次々と生きたまま!吊り下げて毛皮を剥いでいるのである。

その中には犬も含まれている。生きたまま尻尾から頭まですべての毛皮を剥がれるのである。

犬は全身の毛皮を剥がれて血まみれのまま息も絶え絶えであるが、その目は哀しみに満ち満ちているのであった。

 

こんなことを平然と行う連中というのは血の通った人間だろうか?

私にはこのような虐待行為を決して許すことが出来ない。

出来ないが、人間だからこそ、このようなおぞましいことが出来るとも言えるかも知れない。

 

人間という奴は固定観念の世界で行動したりもするから、価値観が違うととんでもないことを当たり前に行ってしまう。

だが、それを覆そうと、中国の虐待に抗議活動としている人々もいる。

 

 

 

 

 

注意!!【このHPの映像には極めて悲惨な映像が含まれています】

      【反対抗議活動が行われていることだけを知って頂ければ結構です】

     

 

China flaying animals alive

 

 

ヘルプアニマルズ - 毛皮は動物の死体です

 

 

     【動画にはこの世の物とは思えぬ残虐映像があるのでHPを見るだけに止めて下さい】

 

 

 

 

 

 

最近、クジラが湾内に紛れ込んだとか砂浜に打ち上げられたとかのニュースが時々流される。本日も千葉の海岸にマッコウクジラが打ち上げられたそうだ。

 

千葉の海岸にマッコウクジラ迷い込む(日本テレビ系) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

報道論調もそうだし日本人の心情はクジラが助かって欲しい、助けてやりたいというものだろう。

しかし、南氷洋では調査捕鯨名目で未だにクジラを食用にしている実態もある。

 

ところが、それを止めるよう訴える海外の環境団体の妨害活動に対しては、

一転して日本人の正当な捕鯨活動を邪魔するなというような論調になってしまうのは何故なんだろうか?

 

一方で弱ったクジラは助けたいが、一方で多くのクジラを捕獲して殺して食べたいという日本人。

 

中国の虐待は論外だが、価値観の相違も含めて、私たちの世界とは何と矛盾に満ち満ちていることだろうか。

 


Social Problem 社会問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。