So-net無料ブログ作成
検索選択
Sports スポーツ ブログトップ
前の5件 | -

Dragons League Champion ドラゴンズ やりましたあ〜〜〜! [Sports スポーツ]





中日ドラゴンズ セ・リーグ優勝!!! やりましたあ〜〜〜!!!
「やりましたあ〜」は捕手の小田がインタビューで使って以来、ドラゴンズのキャッチフレーズかのように使われている。


YouTubeの 2:40程の所で選手会長・森野の雄叫びがある。「中日ドラゴンズ!やりましたあ〜〜〜」気持ちいいなあ。






ドラゴンズ優勝ビールかけ






落合が監督になってドラゴンズは変わった。この勢いで日本一も勝ち取ってもらいたい。




それにしても、阪神タイガースはどうしたんだろう?
タイガースファンの方には申し訳ないが、ペナントレースで優勝を争っている最中に引退イベントが入り込んでいたのには少々驚いた。
矢野捕手はかつて中日にいたし好きな選手であったので悪口は言いたくはないが、優勝争いの真っ最中に
引退表明が唐突に行われた。ちょっと異例と言うか、首位争いに水を差す格好になるのではと感じた。
そんな大事な時期にそういうことが行われた背景をよく知らないけど、余り宜しくないだろうと感じた。

そして、首位から脱落はしていたものの、今週行われた引退セレモにー。
ああ、もうこれで阪神の優勝はなくなったとの確信。メンタル、モチベーションを高めねばならない時に選手からすれば気が抜けるようなイベント。どうしてこんな大事な時期にこういうことが行われたのか不可思議だ。




スポーツは心技体とはよく言われるが、心が少しでも他に揺れるようでは、頂点を極めるのは難しい。
これはあらゆる選手にとって、今後も他山の石とすべき出来事であったのではないだろうか。
阪神は最後まで優勝を争える地力があったのに残念なことだ。








ドラゴンズ落合監督の胴上げ






ドラゴンズは日本一を奪取出来るだろうか?日本一となれば完全優勝は1954年以来となる。
落合ドラゴンズになって、ほんとうに強くなったなあ。





さて、名古屋はJリーグの名古屋グランパスに、フットサルFリーグの名古屋オーシャンズが独走状態だ。
名古屋の三冠なるか?私の生涯で二度と?ないであろう三冠を私の目が黒い内に一度でいいから成し遂げてもらいたい。


何だか、名古屋で独り喜んでいるみたいで他チームのファンの方には申し訳ないが、そんな訳で今年だけは許してもらいたいと思う2010年、秋の季節である。ご容赦。










Sumo 大相撲 [Sports スポーツ]


大相撲で白鵬が62連勝となった。彼は品行方正だし礼節も持ち合わせている立派な大横綱だと思う。
しかし、昨今の相撲を見ていて思うのだけど・・と言うか、実は面白くないので余り見ていない。


何を思うかと言うと、番狂わせが起きる可能性が少ない、金星という期待がほとんど何処にもなかったりするからだ。
外国人力士が上位を占める事態はともかく、日本人力士に可能性を感じる力士がいない。

今の日本人力士を見ると、ほとんど所謂「あんこ型」で太ってはいるが、技の切れ味を感じさせる者が皆無だ。体型だけを見れば外国人力士の方がバラエティに富んでいる。



痩せ型を「そっぷ」と言うそうなのだが、この痩せ型力士や小兵で技のデパートと言えるような力士が幕内にほとんどいなくなってしまった。


白鵬の取り組みを見ていると、余りに安定していて対戦相手は皆同様にはじき飛ばされて投げつけられている。
大横綱を脅かすような何をしでかすか分からないような力士がまったくいない。だから、面白くないのである。



四股名を確認する気にもなれないほど、あんこ型ばかりの日本人力士。つまらないのだなあ。
昔は蹴手繰り一発で大きな相手を倒したり、痩せ型だけど得意の突っ張りで土俵を回り回って
最後は相手が倒れ込んでしまうといった笑いを誘うような相撲も多かった。

















先代の貴ノ花なんて、身体がつぶれてしまいそうなのに粘り越しで物言いに持ち込む驚異の相撲で盛り上げてくれた。
大横綱でも貴ノ花をはじめ様々なタイプの力士と連日対戦しなければならなかったから、対応するのも大変だったと思う。


その昔、藤ノ川という痩せ型の力士がいたのだけど、突っ張って突っ張って、土俵を動き回って(時に逃げ回って)最後は勝ってしまうなんて個性派もいたよ。
技のデパートと言われた舞の海のような力士は出て来ないのだろうか?
体重100kg未満の舞の海が270kgオーバーの小錦を最後はぶっ倒すなんて相撲は見られないのだろうか?

















そういう意味では、ただ大型化した力士は皆あんこ型ばかり。意外性のない取り組みは面白くないし見たくない。
もっと身体も技も個性的になっていかないと駄目だと思うんだけどな。


心技体の内、技と身体の関係を見直す時期にも来ているんじゃあないだろうか。
誰が白鵬と組んでも皆同じような負け方ではまったくもって面白くない。


もっとスリルを感じさせてくれる取り組みや、最後は笑いを誘うような負け方でもいいから、
技の凄みを感じさせるような取り組みを私は見たいのだな。


ビデオを見ていたら、貴ノ花、藤の川とか舞の海なんて面々が相手だったら、白鵬は余裕の連勝なんてことは簡単ではなかっただろうにね。出よ今牛若丸!






Nagoya Triple Crown 名古屋三冠へ [Sports スポーツ]

つ、つよい、名古屋が強い。名古屋がこんなに揃って強いのは初めての出来事だ。


名古屋グランパスが昨日のアウェーで清水エスパルスを撃破した。終わってみれば、それも5−1と一方的なスコア。


今はロンドンでアーセナルを率いるアーセン・ベンゲル監督時代でもなし得なかった圧倒的強さで独走中だ。









Sep 25 2010  Shimizu S-Pulse (orange) vs Nagoya Grampus (white)
Score : Nagoya 5-1 Shimizu






清水は前半戦は首位であったチームで底力のあるチーム。同じ東海地方のチームでもあるし、それと名古屋から移籍した清水のヨンセン。
私が北極圏をヒッチハイクした時、ヨンセンは名古屋のFWでノルウェー人のトラック運転手とヨンセンの話で盛り上がったこともある。そういう意味でエスパルスは気になるチームの一つだ。


だが、退場者が一人出たとは言え、名古屋がこんなにも点差を開いて勝つとは思わなかった。
試合内容を垣間みると、決して運不運だけではなく、清水は力負けした感じ。





名古屋は今、Jリーグの名古屋だけではなく、プロ野球ドラゴンズ、フットサル Fリーグの名古屋オーシャンズと独走状態となりつつある。
名古屋の3チームが独走で二冠は見えて来た。ドラゴンズの優勝もほぼ決まりだけど、日本一はどうかな?これだけだな、今後の課題は。





名古屋ファン以外の方には申し訳ないが、私の人生でこんなことはもうないだろうから、今は素直に喜ばさせて頂きたい。
それと、海外の知人たちには日本のプロスポーツと名古屋のアピールを兼ねて宣伝している。


友人である数多くの外国人に、名古屋とはこういう所だ、プロスポーツも凄いんだぞと、自慢しているつもり。
今年限りかな? まあ3チームが頂点にいる今は自慢させてもらおうということで。











名古屋完全制覇へ Triple Top of Nagoya [Sports スポーツ]



今日はローカルな話題だけど、こんなことは滅多にないので、ここで書いておこうかなと。


名古屋にあるプロスポーツの3チームがリーグ戦で今日現在、トップを走っている。
サッカーJリーグの名古屋グランパス、野球の中日ドラゴンズ、フットサルの名古屋オーシャンズだ。



YouTubeにアップされている映像で、その強さを見てみよう。








" Nagoya Grampus " Red color,  No.1 Top position team of J League, now!  






名古屋グランパスは英国プレミアリーグで今や名匠となっているあのアーセン・ベンゲル監督が率いていた時よりも強くなりつつある。
華麗な組織プレーではピクシーや小倉たちの頃には及ばないが、最近は凌ぎ勝つ守りきる強さがグランパス史上最強だ。


去年、海外から来た知人と一緒に名古屋と浦和の対戦を豊田スタジアムに観に行った時には1−0で惜敗してしまったのだが、今年の名古屋の強さは信じてもらえないかも知れない。


それに他のチームなら当然レギュラーであろう控えが揃っているから、出場停止やアクシデントがあっても、
戦力ダウンが起きない。


大掛かりな戦力補強をしたとは言え、沈んでいたチームを常勝軍団に引っ張り上げた手腕、
ストイコビッチ采配がここまで進化するとは想像もしていなかったよ。



この勢いでリーグを初制覇して、アジアの頂点をも目指して欲しいな。








" Chunichi Dragons" Blue & White Color, No.1 Top position team of Central League, now!







中日ドラゴンズは国内の方ならお分かりだが、名古屋のチームだ。
日本のプロ野球はチーム名に地元名を付けることが定着していないので、それが少々気に食わない。

外国の知人にも一々、ドラゴンズが名古屋のチームだと、こうして説明しなければいけないし。


元々ビッグネームという選手が揃っている訳でもないのに、優勝争いを出来るというのはコーチングがいいのだろうと思う。
落合監督がマスコミ経由の論評で選手を評価しないのも知将の野村さんとは対照的だ。そこも面白い。




それにしても、グランパスとドラゴンズが同時期に首位に立つというのは珍しい。
珍しいから、地元の者としては気分が良い。
まあ、最後の結果がどうなるかは分からないのだけど。








" Nagoya Oceans " Red Color, No.1 Top position team of F League, now! 







グランパスとドラゴンズが時を同じくして首位に立つのが珍しいのだけど、
フットサルのFリーグでは名古屋オーシャンズが以前から常勝軍団だ。


Fリーグ発足当時から、無類の強さを発揮しているのに今シーズンはポルトガルからリカルジーニョという
フットサル界のスーパースターが入団した。なので、今シーズン当然にもトップを走っている。




ということで、何と名古屋のプロスポーツで3チームが同時にリーグ戦で首位に立っているのである。
これは凄い!
凄いのにスポーツメディアはこういう視点では取り上げない。


地元中日スポーツはいつまで経っても中日ドラゴンズ一本槍だ。
3チームの快挙を取り上げろよ。ローカルの視点どころか、自社チームのことしか考えない矮小な視点なので、
こうして私が取り上げることにした(笑)。




最初で最後のチャンスかも知れない名古屋のプロ3チームの同時リーグ制覇!
この快挙を成し遂げてもらいたいな。生きている間にこういうチャンスは二度とないだろうから。



名古屋完全制覇の暁には再びここで取り上げて、海外の知人にも名古屋の自慢するをするつもりだよ(笑)。











インド洋遭難速報のはずが・・    Emergency in Indian Ocean [Sports スポーツ]

 

 

世界一周航海に挑んでいた米国の16歳少女 Abby Sunderland さんがインド洋で遭難したという。

救助船が向かっているというが、安否が気にかかる。


 

ヨット単独世界一周中の16歳少女、消息絶つ 国際ニュース : AFPBB News

 

 

 

 

 

 

この遭難事故のニュースはは世界中に配信されている。

 

 

Boats, ships scramble to reach teen drifting in Indian Ocean - CNN.com

 

 

CNN.co.jp:ヨット単独世界一周中の米16歳少女、インド洋で連絡途絶える

 

 

米16歳少女、インド洋で遭難か(時事通信) - Yahoo!ニュース



Abby's Blog


 

 Facebook | Abby Sunderland

 

 

 

 

 

 

若くして冒険に挑むことは素晴らしいことだとは思う。先月、オーストラリアの16歳少女が

単独無寄港世界一周に成功したとのニュースも世界に配信されたばかりだった。

 

 

 豪16歳少女、ヨット世界一周を達成 写真10枚 国際ニュース : AFPBB News



16歳の少女がピンクのヨットで世界1周を達成した写真いろいろ(らばQ) - livedoor ニュース



Flickr: Jessica_Watson's Photostream

 

 

 

 

 

 

 

若い少女が大冒険に挑んで成功したことは賞賛したいし実に喜ばしい。

しかし、気になる記事もあった。

 

 

時事ドットコム:16歳豪ヨット少女、最年少での単独無寄港無支援世界一周に成功

 

 

 

 

 

 

世界帆走スピード記録評議会は最低年齢の18歳に達していないので記録認定しなかったとのこと。

最年少での記録を狙うとか、そういう快挙に触発されて、

充分な経験を持たないままという事態の連鎖に釘を刺しているようだ。

外洋に単独で出るというのは並のことではないと思う。

 

 

私は浜名湖や三河湾でヨットをやっていた経験はあるけど、前線が通過して天候が急変する時の怖さは身にしみている。

 

 

それが外洋となれば、ベテランのヨットマンでも遭難する時には遭難してしまう。

若さを競うというか冒険がエスカレートすることは怖い。冬期のインド南洋は危険だという指摘もあったようだ。

 

 

 

社会人となって、命にも関わるような冒険に挑むことは人様に迷惑をかけない限り、それぞれの自己責任だが

若年齢に触発されるというある意味のレースが過剰になることは避けるべきと言うしかない。

時に危険過ぎる冒険の成功と失敗は紙一重だ。

 

 

 

 

 

 

去年、オランダでは何と14歳の少女が単独世界一周に挑戦しようとして、

司法手続きにより出港を禁じられる出来事があった。

 

 

 オランダのヨット少女、逃避行のカリブから失意の帰国 - MSN産経ニュース

 

 

 

 

 

帆走評議会が18歳未満を記録認定しないということはそういうことなんだろうと思う。

 

 

 

 

私は遭難したと伝えられるアビーさんには何としてでも生還してもらいたいし、彼女を非難したい訳じゃない。

成功した者が賞賛され、失敗した者が非難されるようでは不公平としか言い様がなくなってしまう。

 

 

 

それでも、世界のヨット乗りは遭難を伝えるこの一方を戒めとしなければいけないんだろうとは思う。

 

 

 

彼女の無事をお祈りしたい。

 

 

 

 

 

・・と、ここまで書いてUPしたら、何と無事見つかったのだと言う。

 

 

 不明のヨット少女、見つかる 単独世界一周航海中 国際ニュース : AFPBB News

 

 

 

 

人騒がせな奴だ! 関係者一同この事態を自戒すべきだよ。

ほんと疲れるな・・(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


前の5件 | - Sports スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。